蘭さんインタビュー記事

石黒がインタビューしたものを掲載しておきます。

ダイヤモンド・オンライン 2019/5 全4回 

衝撃の歌手再デビューのニュースが流れると、懇意にしているダイヤモンド社編集者さんにお声がけしていただきすぐにソニー知人にアポ入れて実現。これも濃い話が聞けて感激。3回目でもやはりド緊張……。

[伊藤 蘭インタビュー1]
■「伊藤 蘭に歌ってほしい曲」が110曲も集まったんです。どれもいい曲ばかりで、全部歌いたいぐらいだったんですよ

【伊藤 蘭インタビュー1】「伊藤 蘭に歌ってほしい曲」が110曲も集まったんです。どれもいい曲ばかりで、全部歌いたいぐらいだったんですよ
41年間、その歌声を封印していた伊藤 蘭が、突然のソロ歌手デビュー。3月14日に発表されたスポーツ新聞やネットのニュースに、現役時代のキャンディーズを知るファン「年下の男のおじさん」(年上も含む)たちは狂喜した。その思いや歌についてなど、現役時代に100ステージを追っかけ、2008年に新生なった「全キャン連」(全国キャ...

[伊藤 蘭インタビュー2]
■作詞をしていて、わあ、キャンディーズ時代と変わってないじゃない、わたし!(笑) って思いました

【伊藤 蘭インタビュー2】作詞をしていて、わあ、キャンディーズ時代と変わってないじゃない、わたし!(笑) って思いました
41年ぶりに歌手としてソロデビューした伊藤 蘭さんへのインタビューは、その音楽性、特に作詞についてなど、新生「全キャン連」(全国キャンディーズ連盟)代表である、著述家の石黒謙吾氏ならではの視点で、さらに深掘りされていきます。

[伊藤 蘭インタビュー3]
■阿木燿子さんと宇崎竜童さんの前で笑い声も録るレコーディングは緊張しましたね

【伊藤 蘭インタビュー3】阿木燿子さんと宇崎竜童さんの前で笑い声も録るレコーディングは緊張しましたね
伊藤 蘭さんへのインタビュー3回目は、キャンディーズが唯一オリコン1位を獲得した、ラストシングル「微笑がえし」を作詞され、今回も蘭さんの詞を書いた阿木燿子さんの話からはじまり、レコーディングの苦労談、歌のこれからなどへ。新生「全キャン連」(全国キャンディーズ連盟)代表である、著述家の石黒謙吾氏らしい問いかけは続きます。

[伊藤 蘭インタビュー4 最終回]
■蘭さん、ライブでは「コール」をやってもいいですか?

【伊藤 蘭インタビュー最終回】蘭さん、ライブでは「コール」をやってもいいですか?
ソロ歌手デビュー、そして6月に41年ぶりのライブを控える伊藤 蘭さんへのインタビュー、最終回。ライブで「コール」はどうなるのか!? などなど「全キャン連」(全国キャンディーズ連盟)代表である、著述家の石黒謙吾氏の、マニアックさと熱量は加速しつつファイナルカーニバルに向かいます。

リマインダー 2021/9 全4回

ツアー2回めで日比谷野音もあるということで、自分から、リマインダーに提案して実現。4回目でもやはりド緊張……。

[伊藤 蘭インタビュー1]
■キャンディーズが解散宣言した日比谷野音で
ソロ歌手・伊藤蘭として44年ぶりのステージに!

伊藤蘭インタビュー 第1回「キャンディーズが解散宣言した日比谷野音でソロ歌手・伊藤蘭として44年ぶりのステージに!」
ファーストアルバム、コンサートツアーと精力的に活動を続け、この秋、キャンディーズデビュー記念日の9月1日にセカンドアルバムをリリースした伊藤蘭。著述家の石黒謙吾氏が、この2年間の活動からキャンディーズ時代の話までをインタビューしました

[伊藤 蘭インタビュー2]
■振り付けはスクールメイツ時代に基礎を学びました

伊藤蘭インタビュー 第2回「振り付けはキャンディーズ以前、中学生のスクールメイツ時代に基礎を学びました」
ファーストアルバム、コンサートツアーと精力的に活動を続け、この秋、キャンディーズデビュー記念日の9月1日にセカンドアルバムをリリースした伊藤蘭。著述家の石黒謙吾氏が、この2年間の活動からキャンディーズ時代の話までをインタビューしました

[伊藤 蘭インタビュー3]
■キャンディーズのファンの方に守られながら会場入りするとかも

伊藤蘭インタビュー 第3回「キャンディーズのファンの方に守られながら会場入りするとかも」
ファーストアルバム、コンサートツアーと精力的に活動を続け、この秋、キャンディーズデビュー記念日の9月1日にセカンドアルバムをリリースした伊藤蘭。著述家の石黒謙吾氏が、この2年間の活動からキャンディーズ時代の話までをインタビューしました

[伊藤 蘭インタビュー4 最終回]
■スーちゃんとミキちゃんの存在をわたし自身がいつも感じていたいんです

伊藤蘭インタビュー 最終回「スーちゃんとミキちゃんの存在をわたし自身がいつも感じていたいんです」
ファーストアルバム、コンサートツアーと精力的に活動を続け、この秋、キャンディーズデビュー記念日の9月1日にセカンドアルバムをリリースした伊藤蘭。著述家の石黒謙吾氏が、この2年間の活動からキャンディーズ時代の話までをインタビューしました

週刊朝日 分冊百科 『週刊昭和』34号」2009/7

週刊昭和 34号
昭和53年キャンディーズ/成田空港開港/角川映画ブーム 日めくり年めくり [昭和53年] 「覇権を求めない」 船橋洋一 この年の昭和アート (山下裕二・選) 牧野邦夫「夏の自画像」 …

★インタビューは、2008年10月。

蘭さんが、女優として再出発して以降、キャンディーズについて初めて語ったインタビューなんです。ド緊張でした。紙数的にあまり書けなかったのですが、たくさん話していただき、光栄の極みです。

『クロワッサン』 2013/5

映画「少年H」で水谷豊さんと共演するということで、番宣的インタビューだったので、キャン話はゼロです(笑)。『クロワッサン』にいた知人編集者さんがセッティングしてくれまして。ご夫妻お二人相手で、また違った緊張が。

『女性自身』 2021/9

「リマインダー」と同じ時に、この雑誌用のインタビューも。こちらはファン目線ではなく普通の記事ですが(笑)。

[前編]
「ライブは必ず見に来てくれる」伊藤蘭明かす趣里との“親子仲”
https://jisin.jp/entertainment/interview/2015383/

[後編]
伊藤蘭明かすキャンディーズ時代の熱狂「帰宅すると実家の前にファンが」
https://jisin.jp/entertainment/interview/2015389/