女優・歌手の伊藤蘭さんを応援するサイトです。

お気づきのとおり、「全キャン連」スピリットを引き継ぎ、
41年ぶりにソロ歌手デビューとなった伊藤蘭さんを
心でバックアップしたい人たちが集う場所!

いまここに「全ラン連宣言」を謳います!

キャンディーズ解散から41年と少し経った、2019年5月29日。女優の活動を続けてきた伊藤蘭さんがソロ歌手デビュー。
そのニュースがスポーツ新聞やネットで発表された3月14日朝、現役時代のキャンディーズを知るファンたちは狂喜しました。
そして当日すぐに、著述家であり、新生「全キャン連」の代表でもある僕に、サイト「ダイヤモンドオンライン」からご本人取材記事のオファーがあり、4/23、1時間のインタビューを行うことに。2008年に1時間半、みっちりとキャンディーズについて取材し、たくさん語って頂いて以来の光栄なことでした。
その際にはっきりと、「歌は、やり始めたからには、続けたいです。小さな場所ででも」ということばを聞き、その瞬間、ご本人を目の当たりにしつつ、心の中でこのサイト立ち上げを決心したのです。

立ち上げたいま現在、サイトの内容を具体的にどうするかは決めていませんが、伊藤蘭さんを愛する多くの人たちと、手探りで進めていければと思っています。どうぞ、末永く、よろしくお願いいたします。ひとつ柱として決めているのは、伊藤蘭さんファンの方が、書き込める場所にしたいということ。

特に、キャンディーズ当時を知るミドルエイジだけではなく、YOUTUBEでキャンディーズを好きになった若い人たち、また、女優である蘭さんのファンを続けてきた人、そして、ソロ歌手デビューの歌声で惹かれた人と、さまざまな人たちの集う情報交換もあるコミュニティに育っていけばいいなと思っています。

伊藤蘭さんは僕の6歳年上。蘭さんが106歳のとき、僕は100歳。
ずっとずっと、キャンディーズと伊藤蘭さんを聴き続け見続けるためには、
長生き比べで負けるわけにはいきません!(笑)
みなさんと一緒に、健康に気をつけいつまでも、「年上のおねえさん」を応援していきたいです。

2019/5/29 石黒謙吾

★キャンディーズのランちゃんじゃなくて、伊藤蘭さんなのだから、「全蘭連」かなと一瞬考えたのですが、字ヅラ的に、園芸協会か暴走族みたいだったので(笑)、あえてカタカナ表記にしました。
「全キャン連」スピリットを引き継ぐってことでもありますし。
★ページの右上、蘭さんの顔アイコン。キャンファンならおなじみ、あの3人イラストから抜き出しソロ版で髪型いまの感じに変えたモノです!

ダイヤモンドオンライン「伊藤蘭インタビュー」

<第1回>

【伊藤 蘭インタビュー1】「伊藤 蘭に歌ってほしい曲」が110曲も集まったんです。どれもいい曲ばかりで、全部歌いたいぐらいだったんですよ
41年間、その歌声を封印していた伊藤 蘭が、突然のソロ歌手デビュー。3月14日に発表されたスポーツ新聞やネットのニュースに、現役時代のキャンディーズを知るファン「年下の男のおじさん」(年上も含む)たちは狂喜した。その思いや歌についてなど、現役時代に100ステージを追っかけ、2008年に新生なった「全キャン連」(全国キャ...

<第2回>

【伊藤 蘭インタビュー2】作詞をしていて、わあ、キャンディーズ時代と変わってないじゃない、わたし!(笑) って思いました
41年ぶりに歌手としてソロデビューした伊藤 蘭さんへのインタビューは、その音楽性、特に作詞についてなど、新生「全キャン連」(全国キャンディーズ連盟)代表である、著述家の石黒謙吾氏ならではの視点で、さらに深掘りされていきます。

<第2回>

【伊藤 蘭インタビュー3】阿木燿子さんと宇崎竜童さんの前で笑い声も録るレコーディングは緊張しましたね
伊藤 蘭さんへのインタビュー3回目は、キャンディーズが唯一オリコン1位を獲得した、ラストシングル「微笑がえし」を作詞され、今回も蘭さんの詞を書いた阿木燿子さんの話からはじまり、レコーディングの苦労談、歌のこれからなどへ。新生「全キャン連」(全国キャンディーズ連盟)代表である、著述家の石黒謙吾氏らしい問いかけは続きます。

<第4回>

【伊藤 蘭インタビュー最終回】蘭さん、ライブでは「コール」をやってもいいですか?
ソロ歌手デビュー、そして6月に41年ぶりのライブを控える伊藤 蘭さんへのインタビュー、最終回。ライブで「コール」はどうなるのか!? などなど「全キャン連」(全国キャンディーズ連盟)代表である、著述家の石黒謙吾氏の、マニアックさと熱量は加速しつつファイナルカーニバルに向かいます。

★この2つの画像についてのご本人とのやりとりが、<第4回> の最後にあります。

プロフィール

伊藤 蘭
1973年、「キャンディーズ」のメンバーとして歌手デビュー。センターとなった5枚目のシングル「年下の男の子」で初のヒットとなってからは人気沸騰。「春一番」「やさしい悪魔」などヒット曲を続け、1977年7月、突然の解散宣言から、1978年4月に、後楽園球場で伝説となったファイナルライブを行うまでファンを熱狂させた。80年、映画『ヒポクラテスたち』(大森一樹監督・作)に主演し女優として芸能界に復帰。以降、夢の遊眠社作品をスタートとして、三谷幸喜作品『子供の事情』など数々の舞台に。テレビドラマでは、木曜ドラマ『DOCTORS 最強の名医』などに出演、映画『少年H』では夫である水谷豊との共演も果たした。2019年5月 歌手としてソロデビュー。

関連サイト

伊藤蘭オフィシャルInstagram

https://www.instagram.com/ranito_official/

ソロ歌手デビュー・アルバム『My Bouquet(マイ・ブーケ)』特設サイト

ソニーミュージック<otonano>「伊藤 蘭」

伊藤 蘭 | アーティスト | otonano by Sony Music Direct (Japan) Inc.
ソニー・ミュージックダイレクトが運営する、“大人向け”の音楽&映像商品をご案内するサイト「otonano」、伊藤 蘭 アーティストページ。

ソニーミュージック「伊藤 蘭」

Wikipedia「伊藤蘭」

ソニーミュージック「キャンディーズ」

キャンディーズ | ソニーミュージックオフィシャルサイト
ソニーミュージックによるキャンディーズ公式サイト。キャンディーズの最新ニュースやリリース情報、ビデオ、ライブ・イベント出演情報、メディア情報などを掲載。

「全キャン連」とは?

その応援組織は、1976年に生まれ、1978年4月4日、いったん事実上消滅しました。
通称「全キャン連」、正式名称は「全国キャンディーズ連盟」。
30年後の2008年4月4日行われたに、新生「全キャン連」が立ち上がり、現在に至ります。サイトを立ち上げイベントを行うなど3年ほど活動しましたが、スーちゃんが天国に召されたあと、残るおふたりへの気持ちを察して大々的なイベント活動は休止し、けじめとしてサイトも閉じました。しかしながら、全国の熱いキャンディーズファンの中で、3人を愛し、いつまでもバックアップする「全キャン連スピリット」の火は、けっして消えることはありません。

キャンディーズを応援する者たちが集った、自主的ファン組織です。
当時、当たり前だった、所属事務所が運営する「ファンクラブ」とはまったく違う、ファンが立ち上げ広がっていった、ボトムアップの集団。

1975年10月の、蔵前国技館「1万人カーニバル vol.1」の実行委員だった関東のキャンディーズファンの大学生たちの呼びかけで「全国大学キャンディーズ連盟」
始動したが、すぐに「大学」という呼称を外して、1976年10月の「1万人カーニバル vol.2」において、正式に「全国キャンディーズ連盟発会式」が行われた。

CD情報

伊藤 蘭ソロ・デビューアルバム
「My Bouquet」


(ソニー・ミュージックダイレクト)
5/29リリース

70年代に絶大な人気を誇ったアイドル・グループ、キャンディーズのメンバーだった伊藤 蘭がソロ歌手デビュー。1978年の解散後、映画・テレビ・舞台など女優活動に専念。この度、41年の時を越えオリジナル・アルバムをリリースする。
作家陣には、井上陽水、阿木燿子&宇崎竜童、トータス松本、門 あさ美、森 雪之丞といった著名なアーティスト・作家に加え、2018年日本レコード大賞作曲賞を受賞した丸谷マナブや若田部 誠といった現在のJ-POPシーンを牽引する若手作家らも名を連ねている。そして伊藤 蘭自身も3曲作詞を手掛けている。
懐かしさ漂う70年代歌謡ポップスから、ボサノヴァ、スウイング・ジャズ、バラード、ポップロック、最新J-POPタッチまで、バラエティに富んだ楽曲が11曲収録され、伊藤 蘭の様々な表情と魅力に溢れたアルバムに仕上がっている。

ライブ情報

伊藤蘭 ファースト・ソロ・コンサート2019

2019年6月11日(火)東京都 TOKYO DOME CITY HALL
2019年6月12日(水)東京都 TOKYO DOME CITY HALL
2019年6月14日(金)大阪府 NHK大阪ホール

 

コメントはこちらへ

  1. ちちですひろ より:

    行ってきました。フェスティバルホール、
    前回のNHKより振り付けパワーアップ!
    大好きな夏うた 暑中お見舞い最高でした。
    個人的にはムーンライトが聴きたかったなぁーって、
    又楽しみにしてめす。

    • 石黒謙吾 石黒謙吾 より:

      ムーンライト!聴きたいっすね〜!細い光のストライプ見るたびに思い出します笑 末長く期待しましょう!
      振り、余裕出てきていて最高ですね!

  2. 石黒謙吾 石黒謙吾 より:

    応援提案【拡散希望】です。「哀愁」では《歌入りからペンライト赤にして下で待機消して、「♪こっちを向いて〜」3回で「赤」一斉フリ出し!》がカッコイイと思うんです。この前の新宿から数人で始めましたが、どんどん広げたいです。よろしくお願いします!
    ★追ってまた書きますが、蜘蛛の巣テープ、昨日、通路横だったので、実験として上向きに投げて見事だったのですが、出る量がなかなか凄くて笑、前の人に振りかかりすぎるなと、諦めました!もうペンライトだけでいきましょう。何か思いついたら、ディスクガレージに提案してみます。

    • 石黒謙吾 石黒謙吾 より:

      <哀愁>で、さらに思いついたこと! ペンライト下にしてナシからいっせいに、が、けっこうやって頂いて、ありがとうございます! で、さらなる思いつき。曲入りでみんな着席にしましょう! これまたあらためて書きます。で、思い出したんですが、現役時代そうしてました! で、下でもぞもぞと紙テの芯抜きを始めるという。。神業的に、1つ、5秒ぐらいで抜けるので(笑)。

  3. 石黒謙吾 石黒謙吾 より:

    名古屋での、伊藤蘭さま歌声、78年3月21日以来二度目です。前日地元金沢であり、金沢から向かったのは、国際展示場。小雨の中並んでたら、インタビューされて、その声が記録映画に残ったのはびっくりでした。最後列ぐらいで、なんと遠いのかとクラクラ笑。キャンの3人ほんとに豆粒でした。コメント頂いてたみなさん、なかなかレスできてなく失礼しました!このコメントのあとしますね。

    • さだきち より:

      名古屋公演、盛り上がりってましたね。
      微笑がえしを歌い終わり、下手に下がる蘭さんの瞳に涙が見えました。
      思わずもらい泣き。
      色んな思いがあったのでしょう。
      42年前の国際展示場でのコンサートネタも出ましたね。
      思わず「行ったよー」と叫んでました。
      ラストソングの時にはベーシャツを脱ぎ、このTシャツで一般に口ずさみました。そしてまた涙でした。
      素敵な一夜をありがとうございました。

      • さだきち より:

        誤)一般に口ずさみました
        正)一緒に口ずさみました
        失礼しました(汗)

        • 石黒謙吾 石黒謙吾 より:

          おー! 微笑がえし涙のレポ、すばらしいです。。ありがとうございます!
          国際展示場ネタ出ましたねー。何人か行ったよーがありましたね!僕も叫びました(笑)。そして、スー追悼Tシャツ、ありがとうございますってのもなんですが、もうすでに懐かしいですね! また名古屋でも。

  4. アサクラアキオ より:

    今から名古屋会場に向かうところです
    1列目「ど真ん中右か左か?」ってくらいの ほぼど真ん中です 赤いスタジャン風のパーカー着て キャンディーズ カラーのNB履いいきます

    音痴&リズム感ゼロのため ライト持たずに応援しますが 命の限りランちゃん&蘭さんコールさせていただきます 新宿では 2階の9列目でしたが なみだが止まりませんでした 今日は どうなるのかは想像に難いです 一生懸命応援します
    特に キャンディーズ No.の一曲目は なかずに ノーブレスでガバります
    青組の誇りかけて…

    • 石黒謙吾 石黒謙吾 より:

      開演前たっぷりお話できてよかったです!座席座るの見えてましたよ。全座席中ベストってぐらいのとこでしたね!燃えましたね…最高

      • アサクラアキオ より:

        こちらこそ ありがとうございました
        面識を賜り光栄です
        1列目のシートを数えると偶数… ぼくのは「ど真ん中左側」となりの席が「ど真ん中右側」と 本当にほぼど真ん中でした 至近距離2㍍ないようなところに ランちゃんいらっしゃいました 「夢のような時間」でした
        今回は ないてる場合ではなく しっかりコールしてきました でもやっぱり please come againでは 自然と…
        ランちゃん ありがとうです

        「ど真ん中右側」の席の方 東京の方でした 大阪LIVEの帰路 名古屋に立ち寄られ 渋谷にも 行かれるそうです コールも筋金入りでした

        また渋谷で お逢いしましょう

  5. アサクラアキオ より:

    あっ もちろん スーちゃん ミキちゃんコールも任せといてください
    名古屋で「3人」に ガッカリさせられませんからね

    • 石黒謙吾 石黒謙吾 より:

      ランスーミキコール、昨日はかなり聞こえました!みんなやってくれるとイイなあ。

      • アマリゲン より:

        石黒さんのインタビュー記事での蘭さんの言葉からもキャンディーズ時代のコール、スーちゃん・ミキちゃんも入った方が嬉しいだろうなと察せられますね。4月はもっと大きくなるといいですね!

        • 石黒謙吾 石黒謙吾 より:

          今回の、東名阪のライブ3本で、それを確信しましたね! 大好きな3人でやっていた、そして、<みなさま>=つまり僕たち私たちファンとのキャンディーズを大事にしたいという想いを痛切に感じました。もっと広がりますように。

  6. 茂呂勝男 より:

    石黒様、個人的な内容ですが、ハチマキ見つかって良かったですね、このコメント記入してる頃は皆さん名古屋の会場に入場して応援準備中だと思います。自分も新宿公演では五列目中央列と左列の切れ目の端の最高の席で全キャン連2008の赤の蘭ちゃんハッピで精一杯応援しました。次は過去何度も全員集合を見に行った旧渋谷公会堂に行って応援します。今日は皆さんお疲れ様です。頑張ってください。

    • 石黒謙吾 石黒謙吾 より:

      ハチマキのことありがとうございます!大阪の居酒屋さんの暖かさにふれました。あ、新宿で赤ハッピの方お見かけしましたが、茂呂さんだったかな。僕は8列目通路の前、ややミキ側でした。名古屋、蘭さんますます余裕感じて最高でしたね。渋公も燃えましょう!全員集合で何度も行かれてたとは羨ましい笑 僕は一度だけ全員集合が金沢に来た時だけでした。

  7. 匿名 より:

    石黒さん、ありがとうございます。私は高校2年に上がる時に解散コンサートでしたので一つ下ですね!中学から高校にかけてファンでしたので、勢いあまって蘭ちゃんの高校の後輩になりました。日比谷の野音で茫然自失としてから後楽園まであっと言う間でしたが、とても濃密な時間でした。来年もまた違う楽曲も増やしてライブしてほしいですね。

    • 石黒謙吾 石黒謙吾 より:

      おおお! ファンから二高に進まれたとはホンモノ!(笑) あの頃、男女別校舎ですよね? 僕も中3で願書取り寄せるまでしたんですが、一人金沢離れて自活するまで根性出ず、同窓生にはなれなかったので一生悔やんでます(笑)。来年の新たなナンバー考えるのも楽しいですね!

  8. 石黒謙吾 石黒謙吾 より:

    もうご存知の方もいらっしゃるかもですが、明日発売の『週刊文春』に記事出ます。僕のところに、知人編集者のルートで電話あって、コメント出しました。大阪開演前にかかってきて、翌朝30分ぐらい話しましたが、出たのはほんとに一言だけです。記事はどんなかなあ。1Pぐらいかな? 知人の部下で担当の女性編集者が名古屋までライブ見に来たので終演後あいさつし、蘭さんの美しさと若さに驚愕してましたよ!この見出し見ると、『文春砲』とはいえ、いいことばかりではないかと予測(笑)。

    • さだきち より:

      名古屋コンサート終わりのエスカレーターで、後ろにいたおばさま達の会話。
      「キャンディーズの頃より可愛くて綺麗よねー、素敵だったわ」
      嬉しいようや恥ずかしいような気分で聞いてました。
      同性からの言葉は本物ですね。
      ちなみに私も石黒さんと同じくコンパルのエビフライサンド食べました。(笑)

      • 石黒謙吾 石黒謙吾 より:

        おお! おばさんわかってる!(笑)。
        ちなみに文春での僕のコメントもほぼそんなです。
        翌日、行っちゃいましたか、コンパル!
        ですよねー。。(笑)。
        僕はタバコの煙もくもくの(笑)名駅店に。
        画像あげときます。

  9. hawker より:

    石黒さん、コメントありがとうございます!はい、当時は男子部・女子部で別校舎でした。高校の体育大会で高校3年生が全員浴衣を着て二高音頭という踊りを踊るのですが、蘭ちゃんの浴衣姿の写真が焼き増しされて我々にもまわってきました。とても可愛らしかったです。週間文春の記事、拝見させていただきました。文春砲ではなく非常に好意的な記事で嬉しいですね。

    • 石黒謙吾 石黒謙吾 より:

      おおーー! リアリティたっぷりのネタが降ってきましたね(笑)。
      二高音頭! ググッたら動画までありました。
      いま僕の草野球チームにOBいるので聞いてみます。
      で、そんなにあとの代まで焼き増しwが回ってくるとは、さすがのスタア。。
      記事、今日こもっていて実はまだ読んでなく、
      明日かな、届いたら読みますが、まずはほっと(笑)。

  10. 水谷 幸広 より:

    私は、58歳です。
    昨日、キャンディーズの解散時の5枚組LP 2枚組LP(ザベスト)の40年の封印を解きました。LPと、YouTubeを見ていたら涙が出てきました。
    感激しました。

    • 石黒謙吾 石黒謙吾 より:

      僕はツアー初日に59歳になったので、1学年違いですかね。
      なんとアナログの封印を!!すごいです。。。
      もはや、CDですらなく、取り込んだAppleMusicで、
      ばかりなのでLPはむしろ新鮮です。

タイトルとURLをコピーしました